教え方は工夫する | アルバイトからさっそく家庭教師デビューを果たしてみよう! 教え方は工夫する|アルバイトからさっそく家庭教師デビューを果たしてみよう!

教え方は工夫する

men

家庭教師の指名は、子どもの成績を上げることです。では、そのためには何を心がけていく必要があるのか?当然勉強をわかりやすく教えることが何よりも大事になるわけですが、やはり指導者として大切なのはとにかく「楽しさを伝えること」です。勉強を教えるだけなら正直どんな人でもできるわけです。問題なのは、子どもたちが理解できるようにどうやって教えるのか?どうやったら少しでも興味を持ってもらえるのか?という部分になってきます。そもそも家庭教師を付けるということは、子どもは勉強が嫌いである可能性が高いです。なので家庭教師であるあなたは、ただ勉強を教えるだけでは絶対に子どもの成績を上げることはできません。レベルの高い家庭教師は、あらゆる勉強に関する知識を、子どもたちが興味あることに関連付けたりしながら教えたりします。そうすることにより、勉強嫌いな子どもでも積極的に考えようとしてくれますので、どんどん進んで知識を身につけてもらえるようになるでしょう。また、勉強を教えている中で子どもがうまく答えられたりしたら必ず褒めてあげてください。多くの場合は褒めるだけで、子どもの勉強意欲が沸いてきます。ただ、間違えた時に怒ったり否定をしたりしてしまうと、せっかくやる気を出していた子どもが急にふてくされたりする可能性が出てしまいますので、子どもの間違いというのはすべてを受け止め、正しく教え直すことが大切です。常に子ども目線になってあげて、たまには信頼関係を築くために軽く雑談を入れたりしながらコミュニケーションを取っていけば必ず結果を残せるでしょう。